「ラクに生きる」をテーマにしたお悩み解決マガジン

ColorfulDrop

旅行・アウトドア

ダイヤモンドプリンセス乗船レポート【6日間ショート】【韓国釜山・三重四日市寄港】

更新日:

豪華客船って気になるけど実際にどんなところかわからない・・・と二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。
今回は実際に豪華客船、ダイヤモンドプリンセスに乗船して6日間旅をしてきた様子をレポートします。
コースは6日間のショートクルーズ、横浜発着・韓国と四日市寄港です。一人10万円ほどの予算で旅をしてきました。(意外と安い。)
内容は時期やコースによって異なりますので参考程度に読んでいただければ幸いです。また、船会社によってもサービスが異なりますのでご了承ください。

ダイヤモンドプリンセス初日

乗り込みまで

初日は13時頃に横浜大さん橋(最寄駅:日本大通り駅)に向かいました。

入場整理券を受け取り、20分ほど待ちました。待ってる間に預け入れ荷物があれば窓口で預けます。

番号を呼ばれたら荷物検査へ進みます。

この荷物検査がめちゃくちゃ並ぶ・・・。プラチナ以上(乗船回数に応じてランクが上がる)のクルーズカードを持っている人は優先的に荷物検査をしてくれます。

荷物検査は空港と同じような感じですが、飛行機よりはだいぶゆるいです。アルコール以外のドリンクも持ち込みOKだし、ワイン持込も「ワイン?」と聞かれて「そうです」と答えただけで終わりました。

船内の飲食について詳しくはコチラ↓↓

ダイアモンドプリンセスでの飲食は? 無料と有料の違い&飲み放題プラン

荷物チェックのあとクルーズカード(代金の支払いや寄港地での乗船下船を管理するカード)を受け取り、クレジットカードを登録します。クレジットカードでチップを日数×13.50ドル支払うようです。都度支払わなくていいのはありがたいですね。

その後出国手続きを済ませて乗船します。

乗船後

乗船後は部屋に荷物を置きに行きます。

客室内はこんな感じ。こちらは海側バルコニーのお部屋です。

シャワールームはこんな感じ。シャワーしかないのが辛いですが、洗面台が広いのでありがたいですね。

洋服掛けもたくさんあるので荷物の整理も楽チンです。

一通り片付けたら船内を散策。

プール、ビュッフェ、レストラン、バー、カジノ、イベントスペース、劇場、ジム、免税店などなど。。。船内は見所がいっぱい。めちゃくちゃ広いので事前に見て回った方が後々楽だと思います。

私たちは早乗りしてビュッフェでランチをいただきました。

14階のホライゾンコート。バーガーやピザ、ラーメン、サラダ、パン、スイーツ、肉類、パスタetcなんでもあります。日によってほとんど変わりはないのですが、たまにイベントに合わせて変わったメニューを出してくる日があります。

例えばイタリアデイではラザニアが出たりとか。

好きなものを好きなだけ食べれるので思う存分楽しんでください。

 

部屋に戻ったら出港前に緊急避難時の説明があります。これは法律で定められており全員参加が必須です。各自に割り当てられたマスターステーションに集まり、緊急時はここに来るように言われます。説明は英語と日本語。分かりやすいのでそこまで身構える必要はありません。

 

出航後は船内のイベントに参加。イベントはクイズやビンゴ、ショー、ウェルカムパーティ、フィットネス、ダンス、アートセミナー、夏祭りなどなど。飽きることはありません。本当に。

ムービーズアンダーザスターズというプール前の巨大スクリーンでは毎日映画の放映を行なっているのですが、放映後各客室のテレビでも見れるようになります。部屋にいても暇しないですね。

夕食は17:30と19:30の2部制。クルーズの予約時に指定しておきます。ビュッフェ形式のホライゾンコートでは時間に縛りはありません。夕食は前菜と主食が選べますが、いずれもいくつ食べても良いです。デザートもあります。有料の飲み物を薦められますがはっきりと断ればOK。ウォーターも有料なので水が欲しい時は「タップウォーター(無料の水)プリーズ」と言いましょう。

お料理はとても美味しいです。サービスも一流レストランのように丁寧。

そうこうしているうちにあっという間に深夜になり、シャワーを浴びて就寝しました。

2日目(終日航海)

2日目の朝はインターナショナルダイニングでいただきます。夕食と同じく前菜と主食を好きなだけ選んで食べる形式。また、もちろんホライゾンコートでのビュッフェでもOKです。

この日は終日航海なので時間はめちゃくちゃあります。

7階のデッキでウォーキングしたり、クイズ大会に参加したり、プールで泳いでみたり。午後にはアフタヌーンティーがいただけるイベントがあったりと何だかんだ大忙し。

また、フォーマルナイトという正装をして食事をする日だったのでキレイなドレスに着替えてお化粧もキチンとして食事に向かいました。

船内でのドレスコードについてはコチラ↓↓

ダイヤモンドプリンセスのドレスコードってどんな服装?フォーマル?スマートカジュアル?

食後にはウェルカムパーティでシャンパンタワーが作られていました。乗客には無料のシャンパンが配られます。筆者も1杯いただきました。(なにかとシャンパンをもらえる機会が多いので、無料でも結構飲める。)

 

大忙しの1日であっという間に終わってしまいました。。。

3日目(韓国・釜山寄港日)

3日目は韓国の南部、釜山に寄港する日です。予め予約していた焼肉を食べに行くツアーに参加しました。69ドルくらいかな。

午後に入港して、14時頃下船。入国審査ののちバスに乗り込み目的のお店まで連れて行ってもらいます。バスの中で円→ウォンにしてくれてました。あくまで添乗員さんのサービスなのでレートは悪いですが・・・。一口3000円で変えてくれます。

焼肉は海金剛というお店でした。量は少なかったけど柔らかくて美味しかった。

その後ふたたびバスに乗り、釜山の街を少し観光。お土産を急いで買い込みます。1時間半くらいしか自由時間がないので。。。忙しかったです。もっとちゃんと下調べしておけばよかった。。。時間になったらふたたびバスに乗り込み、港へ向かって下車。港にはフェリーなども止まるターミナルがあるのですが、ターミナル内のコンビニや免税店は19時までの営業だったので、18:30に着いた私たちはかなりバタバタと買い物をすることになりました。

出国手続きをして再乗船。あまり韓国を味わえなかったので少し残念でした。

完全自由行動も可能なのでゆっくり買い物を楽しみたい方はその方が良いかもしれません。ただし港から国際市場はシャトルバスでの移動が必要で、1日券10ドルとのことです。

釜山からの出港は夜21時頃。20時半から始まった夏祭りと盆踊りを楽しみながら、釜山の夜景を眺めていました。レインボーに輝くゲートブリッジが綺麗でした。

4日目(関門海峡クルーズ・終日航海)

韓国を出たダイヤモンドプリンセスは再び日本を目指して航行。4日目は次の寄港地三重県四日市市に向かって終日航海となります。

朝9時前に関門海峡を抜けるというちょっと特別なクルージングがあるので14階の展望デッキから関門海峡を楽しみます。

右に福岡県北九州市、左に山口県下関を眺めながらのクルージング。なかなかの見ものでした。あと両岸が近いので日本の電波が入るため、4日目にして漸く友人や親戚に連絡が取れました。笑。有料ならいつでも繋げることが出来るんですけどね。

ダイヤモンドプリンセスでの有料ネットワークについてはコチラ↓↓

【高額請求に要注意!】ダイヤモンドプリンセスでのインターネットは?船内Wi-fiや有料インターネットについて

関門海峡クルーズを終えた後はホライゾンコートでブランチを食べ、イベントに参加してあっという間に夜。もう海の向こうに町の光が見えるので少し安心感がありました。

夜にはプールに入って星空を楽しんだり、部屋で映画を見たりしていました。

5日目(三重県・四日市寄港)

5日目の朝には三重県四日市市の港に寄港しました。入国審査をして下船。予め予約していた伊勢神宮へ行くツアーのバスに乗り込みます。外国人の入国審査が遅れたとかで出発が1時間遅れ・・・。四日市から伊勢神宮まではバスで約2時間。現地での時間は1時間半ほどでした。伊勢神宮を早足で詣り、おかげ横丁をざっと見てお土産を買って、松坂牛ライスバーガーを買ってバスの中で食べました。美味しかったんですけどね!食べたかった伊勢うどんや赤福かき氷は並んでいたので諦めました。。。残念。またいつかリベンジします!!

夕方には船に戻り、プラチナ会員のみが利用できるラウンジでのんびり。

この日は筆者が誕生日だったので客室ドアが飾られていたり、免税店のEFFYでペンダントがもらえたり、夕食でHappy Birthdayを歌ってもらいケーキをもらったり、楽しい誕生日を迎えることができました。

最後にバルーンドロップというクルーズの閉幕式を行い終了。最後までとっても賑やかでした。

翌日荷物を港に下ろしてもらう方はこの日の22時までに預ける必要があります。

筆者は自力で降ろすことにしていたので特に預けませんでした。

6日目(最終日)

朝5時半にレインボーブリッジをくぐり、6時には横浜到着。

最後の朝食を食べて部屋を片付けて8時にはロビーへ。

前日にもらった下船の案内に沿って、順次下船開始です。

ホライゾンコートは営業しているのでギリギリまでこちらで食事をすることも可能。

税関を通って大さん橋に降りると、JR桜木町駅行きの無料シャトルバスがあったのでこちらを利用して帰りました。

まとめ

6日間を長いと取るかあっという間と取るかは人によるなぁと実感した旅でした。

個人的には長いなぁと思いましたね。やっぱり韓国とは飛行機で3時間たらずで行けるのでどうせならもっと遠くに行きたかったというのが本音です。

でももう一度乗りたいかと聞かれればぜひ乗りたいですね。

船なら移動中に自由に動き回れるし飛行機よりも乗船が楽なので高齢者や障害者の方も多かったです。筆者も両親を招待してあげたいなぁと思いました。

乗船するなら早めの予約が良いそうです。

早期割引や希望の客室を予約しやすいとのことで(特に3人目無料なので3人部屋や海側の部屋と一番安い内側部屋は人気があるのですぐに埋まってしまうそうです。)、気になるならまずは予約をしておくと良いでしょう。

ダイヤモンドプリンセスに安く乗船する方法はコチラ↓↓

ダイヤモンドプリンセスに安く乗船する方法は?豪華客船は1泊1万円台から乗船可能!

ダイヤモンドクルーズの予約や旅の日程はコチラ↓↓からどうぞ。最大35%の割引が受けられます。

★↓↓この記事が「役に立った」と思ったらポチっとお願いします!!↓↓★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



スポンサードリンク


-旅行・アウトドア
-, , , ,

Copyright© ColorfulDrop , 2019 All Rights Reserved.