「ラクに生きる」をテーマにしたお悩み解決マガジン

ColorfulDrop

旅行・アウトドア

【新横浜でホテルをお探しなら!】新横浜コートホテルに泊まってみた。アクセス・室内・アメニティ・周辺観光

投稿日:

新横浜 コートホテル

新横浜のコートホテルに宿泊したレポートです。

女性・シングル・日曜泊・食事なし

 

室内の様子やアメニティはもちろん周辺観光もご紹介します。

 

だって職場の近くだもん・・・詳しいですよ。笑。

日曜に新横浜で用事があり、月曜からまた仕事ということでせっかくなので新横浜に泊まってみました。自宅がちょっと遠いのでこういう時に良いホテルがあると嬉しいですね。

新横浜コートホテルの概要&アクセス

新横浜 コートホテル

新横浜コートホテルはJR新横浜駅からから徒歩5分、横浜市営地下鉄ブルーライン新横浜駅からは徒歩3分の好立地。

駅からは北西の方面になります。

横浜アリーナからは徒歩10分、横浜日産スタジアムからは徒歩13分です。

めちゃくちゃ便利!

とはいえビジネス街なので比較的周辺は落ち着いた雰囲気です。

飲み屋さんやコンビニ、ドラッグストアもあって過ごしやすいのに夜は静か。

 

新横浜のホテルはほとんどがそのような立地ですが、コートホテルはなによりも価格が凄いんです。

シングル日曜泊で4,760円でした。

朝食なしとは言え、この好立地でこの価格はかなりお安いです。

新横浜のホテルの平均は8,000円前後ということを見ても格安なのが分かります。

新幹線が止まるのでアクセスもいいですしね。

公式サイト:https://www.courthotels.co.jp/yokohama/

シングルルーム代金:3,637円(税別)〜

アクセス:JR新横浜駅から徒歩5分または横浜市営地下鉄ブルーライン新横浜駅から徒歩3分

新横浜コートホテルのシングルルーム

15:30頃チェックインしました。

入り口が少し分かりづらい(入口からいきなり階段orエレベーターで2階のロビーに行く)のが難点ですが、ロビーは白を基調としていてとても高級感がありました。

新横浜 コートホテル

ウェルカムドリンクもいただけるようです。

新横浜 コートホテル

夜にコーヒーをもらいましたが美味しかったですよ。

 

お部屋の鍵を受け取ってさっそくイン!

扉を開けてみるとかなり狭い部屋という感じですが、清潔感があり明るいので好印象です。

新横浜 コートホテル

お部屋はこんな感じ。

新横浜 コートホテル

反対側から。

新横浜 コートホテル

お風呂場。意外とゆったり。これならストレスなくお風呂に入れそうですね。

新横浜 コートホテル

窓からの景色はこんな感じ。

周りに同じくらいの高さのビルが多いので景観はそれほど期待できません。

新横浜 コートホテル

真下にローソンの喫煙スペースがあるのでうっかり裸や寝巻きで覗き込まないように注意です。笑。(酔っぱらうとたまにやらかします)

新横浜コートホテルのアメニティ

アメニティや設置機器のご紹介です。

 

まずはテレビ。

関東なので当たり前ですがいつもと同じチャンネルと番組が見れます。安心!

新横浜 コートホテル

その下は冷蔵庫です。

1泊なら問題のないサイズ。

 

机の上にあるタブレット端末はいわゆる「館内案内」です。

新横浜 コートホテル

よくある分厚い高級感のあるファイルタイプでなくタブレットタイプにしてあるんですね。反応が少し悪いのが気になりました。

UXもちょっと悪いです・・・笑。

wi-fiのSSIDとパスワードを確認するために使いました。

インターネットという項目があったのでYouTubeとか見れるかな?と思いましたが見れませんでした。そもそもBeingまともに表示しない・・・。

 

お風呂場のアメニティ。

ヘアブラシ、ボディスポンジ、コットン&綿棒、カミソリ、歯ブラシがありました。

新横浜 コートホテル

シャンプー、リンス、ボディソープもこんな感じ。

この辺りは自分用を持ち込んでいるのでレポートできずにすみません。

新横浜 コートホテル

ドライヤー。

スタイリッシュで綺麗です。乾きはまぁまぁですがよくある銭湯とかに取り付けられている古い機種よりは遥かにマシです。

新横浜 コートホテル

部屋着取り忘れました・・・。

浴衣タイプの寝巻きです。

 

お茶セットは冷蔵庫横の扉を開けたところにありました。

ティファールですよ!すごい!

あっという間にすぐに沸きました。お世話になりました。

新横浜 コートホテル

空気清浄機兼加湿器もあったのですが、水を入れてもイマイチ動いているのかどうか?

妙にお部屋が乾燥していたのでティファールでお湯を作って蓋を開けて寝ました。

新横浜コートホテルの周辺観光

最後は周辺観光スポット。

新横浜ラーメン博物館。

ラーメン博物館 新横浜

なんと言っても抑えておきたいのは新横浜ラーメン博物館。

コートホテルからは歩いて2分くらいです。すぐ隣の区画です。

入場料300円がかかるものの、全国の人気ラーメン店が軒を連ねていて、ラーメン好きにはたまらない空間です。本店に比べると行列も少ないです。

また、ラーメン博物館内の雰囲気が昭和レトロで統一されているのでふらっと歩き回るだけでも楽しいですよ。

全体的に広くはないですが、駄菓子屋やレトロな喫茶などもあり一日中楽しめます。

ラーメン博物館 新横浜

公式サイト:https://www.raumen.co.jp/

IKEA港北ストア

IKEA港北店

IKEA港北ストアは新横浜駅から無料のシャトルバスが出ています。

車じゃないとアクセスしにくいところなので、電車民はぜひご利用下さい。

IKEAは北欧の大型家具ショップですが、レストランがとっても面白いんですよ。

季節によってメニューも変わるし、しかも安い!

エッグス●シングスのようなパンケーキが499円税込だったり、ソフトドリンクは飲み放題99円税込、コ●トコのようなホットドッグも100円税込です。

入場の際に会員登録などは必要ないのでフラッと遊びに行ってみてくださいね。

公式サイト:https://www.ikea.com/jp/ja/stores/kohoku/

新横浜スケートセンター

新横浜にはじつはスケートセンターがあります。

貸し切り営業日を除いて、いつでも誰でも利用することが可能。

スケート靴は貸してくれるので、

  • 運動の出来る服
  • コート
  • 手袋

があれば気軽にアイススケートが楽しめますよ。

入場料は大人1,250円、貸し靴650円です。

浅田真央さんや村上佳菜子さんなどの有名スケート選手も練習をしていたスケート場。ぜひ一度訪れてみてください。

公式サイト:https://www.princehotels.co.jp/skate/shinyokohama/

崎陽軒横浜工場

横浜名物崎陽軒のシュウマイを製造している工場が新横浜エリアにあります。

駅からは少し離れるのですが、予約が取れないほどの大人気スポット。

予約なしでも楽しめる売店や出来たてシュウマイを食べることも出来るので見学以外でも楽しめます。

 

公式サイト:https://kiyoken.com/factory/

駅ビルキュービックプラザ&プリンスぺぺ

新横浜の駅直結ビルキュービックプラザは高島屋やビッグカメラ、有名グルメスポットも多数入っていてお買い物には困りません。

また、隣接するプリンスぺぺやその道中のグルメストリートもかなり楽しめます。

個人的にはグルメストリートのつばめグリルがめちゃくちゃ好きです。

 

プリンスぺぺには100円ショップやGU、成城石井もありついつい買いたくなってしまうものが揃っています。

お買い物好きさんはぜひ訪れてみてくださいね♪

公式サイト:https://www.cubicplaza.com/

まとめ

新横浜コートホテルに宿泊してみた感想としては

【良かった点】

  • 安い
  • 清潔
  • ウェルカムドリンク嬉しい
  • 立地が良い

で、

【悪かった点】

  • 部屋が乾燥している
  • シングルルームは狭め
  • 入り口が分かりづらい

という感じでした。

この価格でこの内容ならまた泊まりたいですね!

職場が近いのでお世話になる日も近そうです。笑。

みなさんもぜひどうぞ。

関連記事

新横浜ラーメン博物館に行ってみた!年パスがお得すぎて買っちゃった(笑)

【口コミ】京都タワーホテルアネックスは京都駅から徒歩3分の好立地で低価格なのに過ごしやすい!また泊まりたいホテルでした【京都】【泊まってみた】

★↓↓この記事が「役に立った」と思ったらポチっとお願いします!!↓↓★

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサードリンク


-旅行・アウトドア
-, , , , ,

Copyright© ColorfulDrop , 2020 All Rights Reserved.