「ラクに生きる」をテーマにしたお悩み解決マガジン

ColorfulDrop

美容・健康

脱毛?除毛?抑毛?こんなにあるムダ毛のお手入れ方法と選び方

投稿日:

脱毛サロン

ムダ毛が気になると「脱毛したい!」と思いますよね。でも脱毛サロンは費用が高いし勧誘がすごそう。除毛とかも効果があるのか心配。使い方も分からない。

そんな悩みばかりが先行して毎年カミソリでジョリジョリやっていませんか?

そのお手入れ、面倒だし実は肌を痛めているかもしれません。

今回は脱毛・除毛・抑毛という3種類のお手入れ方法からそれぞれのメリットデメリット、向き不向きをご紹介します。

来年の夏こそお手入れの苦労から解放されてツルツル肌を手に入れましょう♪

脱毛とは?

脱毛2

まずはもっとも一般的な脱毛から。

脱毛とは文字通り毛を脱する方法。特殊なライトやレーザーを当てて毛を無くしていく方法です。

一般的な脱毛サロンでは上記方法が取られています。

また、ブラジリアンワックスを使って毛を抜く方法もあります。かなり痛いらしいですが効果が直ぐに出るので来週までにツルツルにしたい!などの期限がある場合はオススメです。

脱毛のメリット

脱毛のメリットは

  • 肌への負担が少なく美肌になれる
  • 痛みが少ない
  • きちんとしたサロンであればVIOなどのデリケートゾーンもお手入れできる
  • 毛自体にアプローチするため効果が持続する

ということ。

昔は脱毛サロンでの施術は痛いものというイメージがあったようですが、現在の脱毛サロンで使われる機械のほとんどが痛みの出にくいものとなっています。

医療脱毛は出力が強いので多少痛みがあるようですが、多くの場合輪ゴムで軽くパチンと弾かれる程度です。

また、毛自体にアプローチをするため1度施術が完了すればその後はほとんどお手入れ不要のスベスベ肌が手に入ります。

実際に筆者も全身脱毛をしていますが今ではムダ毛の手入れは一切せずに気軽にノースリーブや水着が着れています。

脱毛のデメリット

脱毛のデメリットは

  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 料金が高い
  • 体質によっては施術ができないことがある

というところでしょうか。

 

脱毛の場合は1回で効果が出るものではありません。

何度か定期的に脱毛ライトを照射をして、数ヵ月後に効果が実感出来る場合がほとんどです。

 

また、脱毛サロンの初回体験などは100円で出来るようなものもありますが、本格的に広範囲の脱毛となると数十万円の費用がかかります。

筆者もキレイモ全身脱毛18回プランで30万円を支払いました。

自宅脱毛器の場合でも3万円~8万円の機器を購入する必要があるため、初期費用で躊躇してしまうことも多いでしょう。

まずはMUSEEプラチナムなどのキャンペーンを利用して数百円で脱毛体験をしてみて、問題がないと思えば契約に踏み切るか、自宅脱毛器を検討してみると良いでしょう。

オススメ脱毛サロン

安く試してみたい方には美容脱毛サロン ミュゼプラチナムがオススメです。

しばしばキャンペーンで数百円での施術体験が受けられます。

勧誘なども一切ありませんので(実際に行きましたが本当です。ビックリするくらい勧誘されません)気軽に行ってみてはいかがでしょうか。

 

また筆者が通うキレイモもオススメです。

こちらは全身脱毛専門店ですので料金がとてもわかりやすく、勧誘などもありません。

お店の雰囲気もとても良いので通いやすさもあり、筆者はキレイモで契約に踏み切りました。

筆者の脱毛体験記はコチラ↓↓

脱毛サロン KIREIMO(キレイモ)10回行ってみた感想。VIOは恥ずかしくない?!

オススメ自宅脱毛器



 自宅脱毛器ならTriaBeautyの4Xがオススメです。

下記記事で詳しくご紹介していますが、自宅脱毛器で唯一のレーザー脱毛器です。

レーザー脱毛は光脱毛よりも毛根に届く力が強いため効果がしっかりと現れます。

自宅用唯一のレーザー脱毛器!Tria Beautyがめちゃくちゃ便利&高機能だった件

脱毛サロンに通う時間がない方は自宅脱毛器の利用をオススメします。

除毛とは?

除毛

除毛とはムダ毛の表面にアプローチする方法です。

薬剤を使って毛を溶かしたり、専用のヤスリで擦って毛を無くしていきます。

除毛のメリット

除毛のメリットは

  • 薬剤やヤスリは1000円以下の安価で手に入ることが多い
  • 自宅で気軽に出来る
  • すぐに効果が出る

ということですね。

薬剤は薬局で1000円以下で販売しています。ヤスリに至っては100円ショップで見かけたこともあります。

脱毛はハードルが高いと思っている方や今すぐ効果を出したい!という方には除毛がオススメです。

除毛のデメリット

除毛のデメリットは

  • 毛の表面のみへのアプローチなのでまたムダ毛が伸びてきてしまう
  • 除毛剤の臭いが気になる
  • デリケートゾーンのお手入れができない
  • 基本的に自宅施術なのでアフターフォローがなく不安

除毛の場合、肌の表面に出ている部分にのみアプローチするため、時間が経つと元通りになってしまいます。根本解決には向いていません。

また除毛剤は毛を溶かすほどのそれなりに強い薬剤のため独特の臭いや刺激があります。臭いが苦手だった、肌に合わなかったなどの声も聞かれます。もちろん刺激に弱いデリケートゾーンや顔の利用は出来ません。

万が一肌に合わなかった場合に赤みなどが出てしまっても基本的には自己責任となります。別途病院へ行って治療をする羽目になるということも…。

そこまで酷いトラブルはほとんどありませんが、肌の弱い方などは充分に注意しましょう。

オススメ除毛剤

オススメの除毛剤はなんと言ってもやはりVeetシリーズ!

人気商品のため気軽にドラッグストアでも購入出来るし価格も1,000円以下です。

敏感肌用などのシリーズ展開もしているので様々な肌体質に合わせて利用が出来ます。

抑毛とは?

ナチュラル,自然,木陰,

最後にご紹介するのは最近注目の抑毛という方法。

特殊な薬液を使ってムダ毛が生えてくるのを抑えるという画期的な手法です。

薬液は除毛剤と違い自然成分のみのため、なんと小さな子供でも使うことが出来るという優しさです。

抑毛のメリット

抑毛のメリットは

  • 子供でも利用できる肌に優しい薬液
  • 安価で利用できる
  • 効果が長持ちする

ということ。

 

肌に優しいのは何よりのメリットですね。

というのも脱毛サロンは多くの場合(契約の都合ですが)保護者の同意が必要だったり、未成年は施術が出来なかったりします。

また除毛剤は刺激が強いため肌の弱い方や子供には利用が出来ません。

その点抑毛という方法であれば小さなお子様でも安心してムダ毛処理をすることが出来ます。

 

またムダ毛が生えてくるのを抑える効果があるため、継続して利用することでどんどん効果が高まる&長続きします。

抑毛のデメリット

  • 効果が出るまでに時間がかかる
  • 体質の変化により時間が経つと効果がなくなることもある

抑毛はあくまでムダ毛を抑えるだけです。

薬液を定期的に利用している場合は効果が持続しますが、どうしてもこれから生えてくる毛に対してのアプローチは出来ず、放置して時間が経つと元通りになってしまうこともあります。

また子供のうちから利用できるため、成長によってムダ毛の質が変わって効果が薄れるのが早くなることもあります。

オススメ抑毛剤

抑毛剤自体がまだ新しい商品のため種類は少ないですが、上記のNEWコントロールジェルMEがオススメです。

子供に使える優しい素材での設計、ジェルを塗るだけという手軽さが他のムダ毛処理と比べて大きく秀でています。

結局どれがオススメ?

色々紹介しましたが結局のところ

「肌質や期待する効果、かけれる時間と費用によってオススメの手法は異なる」というのが結論です。

(個人的にはお金がかかっても脱毛サロンでの施術が1番楽でしたが。。。)

 

脱毛がオススメの人

  • 時間とお金を掛けても確実にムダ毛を無くしたい!
  • VIOや手の届かない部位もツルツルにしたい!
  • 自分で手入れをするのは面倒・・・

除毛がオススメの人

  • 今すぐツルツルにしたい!
  • 出来るだけお金はかけたくない
  • 肌は強い方だ

抑毛がオススメの人

  • 肌が弱いので刺激の強い方法は無理
  • 子供にも使いたい
  • お金はかけれないけど時間はかけれる
  • 長期的な効果を期待したい

まとめ

ムダ毛処理と言っても、大きく分けて脱毛・除毛・抑毛という3つの手法があるとお伝えしました。

必ずしも「この方法が最適!」という訳ではなく、肌質や時間、予算、効果などを総合的に判断してより自分に合うムダ毛処理方法を選択してください。

みんなでツルツル肌を目指しましょう♪

関連記事

【脱毛】ミュゼとキレイモどっちがいい?両方行って脱毛してみた!【サロン比較】

【体験談】全身脱毛経験者が語る!全身脱毛して良かったこと、悪かったこと【脱毛の苦労】

★↓↓この記事が「役に立った」と思ったらポチっとお願いします!!↓↓★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサードリンク


-美容・健康
-, , , , , , , ,

Copyright© ColorfulDrop , 2019 All Rights Reserved.