「ラクに生きる」をテーマにしたお悩み解決マガジン

ColorfulDrop

コラム

チャンスを必ず掴まなくてもいい。努力するべき人としないほうが良い人の特徴

投稿日:

「チャンスが来たら絶対に逃すな!」「身の丈に合わない誘いも努力のきっかけになる」

チャンスが来たけど迷っているという相談をすると高い確率で上記のような無責任の発言をたくさん見かけます。

一世一代の大チャンスならみすみす逃すことは良いこととは言えませんが、プレッシャーにつぶされるくらいならチャンスをあえて逃がして心静かに過ごすことも悪くはありません。

大きなチャンスを目の前に、迷われている方はぜひ参考にしてください。



チャンスを逃すことで得るもの

チャンスを逃してしまうのはとても残念なことですが、あえて逃すことで得るものもたくさんあります。

平穏な時間

チャンスは多くの場合ステップアップです。現状維持やさらに精進するために今よりもずっと努力が必要になってきます。また、周りの目も応援もあれば嫉妬もあることでしょう。苦しい思いをしてでもチャンスを手に入れたい!という強い心がない場合は中途半端に終わってしまう可能性があります。

心穏やかに過ごしたい場合はチャンスを逃してしまったほうが良いです。

一時の金銭

チャンスに乗じれば将来的に収入が増える場合もあります。でもチャンスを得るために金銭が必要な場合もあります。塾やジムに通ったり何かを購入しなければ行けなかったり・・・。

将来的に収入が増えることが確実であれば先行投資として大切ですが、そうでない場合は一時的に支出が多くなる可能性があります。

チャンスを逃すことで失うもの

チャンスを逃した場合は何が起こるのか考えてみましょう。

日々の変化がない

チャンスを受け入れることで、日常が大きく変わる場合があります。現状維持で満足しているのであればよいですが、刺激のある日々や変化を求める場合はチャンスを逃すとこれからも変化のない日々が続きます。

自分の成長が緩やかもしくは成長しない

何かイベントがあった場合は大きく自分が成長するチャンスです。この機会を逃してしまうと自身の学びの場が減ってしまうため成長が緩やかもしくは成長しない状態になってしまうでしょう。

チャンスが来たら努力をするべき人

ではどんな人がチャンスを受け入れてどんな人が潔くあきらめるほうが無難なのでしょうか。

チャンスが来たら受け入れる人というのはある程度のメンタルが必要です。

下記のような方はチャンスが来たら努力・時間や費用を使ってでもチャンスをものにするべきです。

  • メンタルの強い方
  • 目標に向かって努力のできる方
  • なにか一つのことに熱中してやり遂げた経験がある方
  • 今回の話がご自身での目指していたものにつながる話だった

この4つに当てはまる場合は、2つ返事でYESと答えましょう。

チャンスを逃すべきではありません。大きくステップアップする絶好の機会です。

チャンスが来ても努力せずあきらめたほうが良い人

逆にチャンスが来てもあきらめたほうがいい方は下記のような場合。

  • メンタルが弱い
  • 自信がない
  • うつ病など気持ちのコントロールが難しい

チャンスに大きな壁はつきものです。乗り越える自信がない場合は周囲の迷惑がかかる場合もあるので潔くあきらめましょう。

また、うつ病などで気持ちのコントロールが難しい方はいまはチャンスに飛び込むのは危険です。調子のよいときは「やろう!頑張ろう!」という気持ちが沸き上がりますが、調子の悪いときに「なんで挑戦してしまったんだろう。苦しい」となる可能性が高いです。

うつ病の方を否定するわけではないですが、日内変動のある病気なので安易に一時の判断で新しいことに挑戦するにはリスクが大きいです。

まとめ

チャンスが来たら100%あきらめるほうが良いのか?それともみんなの言う通り100%受け入れるのが良いのか?結局のところ最後に決めるのは自分です。誰も責任は取ってくれません。

それでも一つの指標として、この記事を参考にしていただければ幸いです。

 

貴方の人生が素敵なものになりますように。

 

★↓↓この記事が「役に立った」と思ったらポチっとお願いします!!↓↓★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



スポンサードリンク


-コラム
-, , , , ,

Copyright© ColorfulDrop , 2019 All Rights Reserved.