「ラクに生きる」をテーマにしたお悩み解決マガジン

ColorfulDrop

旅行・アウトドア

【初乗船】ダイヤモンドプリンセスの乗船は何が必要?持ち物まとめ【女性向け】【日本発着】

投稿日:

普通の飛行機や新幹線を使う旅行とは違い、豪華客船の旅はさまざまなイベントがあり用意が必要です。またアメニティや食品の持ち込みなど、初めての乗船では迷うことも多いでしょう。

今回はダイヤモンドプリンセスでのクルーズにスポットを当てて、荷物についてまとめてみました。

乗船レポートはコチラ↓↓

ダイヤモンドプリンセス乗船レポート【6日間ショート】【韓国釜山・三重四日市寄港】

クルーズの荷物は手荷物と預入荷物に分ける

クルーズの荷物は大きなスーツケースになる場合がほとんどです。そのまま持ち込むことも可能ですが、飛行機の搭乗のように預入して部屋まで運んでもらうことが可能です。

その場合は保安検査場で荷物を持ち上げる必要もなくなるので大きくて重いものは出来るだけ預けてしまいましょう。

手荷物には貴重品と1泊分の荷物を入れておくと安心です。場合によっては荷物が部屋に届くまでかなり時間がかかってしまうこともあるようです。

チェックリストダウンロード(Excel)

クルーズ持ち物チェックリスト

通常の旅行と異なり、船内で忘れ物に気づいた場合でも補充のしようがありません。

船内にはコンビニなどの雑貨店がなく、免税店・お土産屋さんくらいしかありません。
陸地に降りた際にコンビニに立ち寄って補充となりますが、寄港地での停泊時間は意外と短い場合が多く、観光の時間を割くのもはばかられます。(ツアーなどの場合はコンビニによる暇がないことも・・・)

チェックリストは必ず2回以上チェックして、絶対に忘れ物をしないようにしましょう。

クルーズの手荷物

財布

船内はクルーズカードという船内用カードで決済するため基本的にお金は不要です。とはいえ船までの交通費、寄港地でのお買い物など、現金が必要な場面も多くありますので必ず忘れずに持っていきましょう。

クレジットカード

船内のチップは定額制で全てクレジットカードからの支払いとなります。また、クルーズカードでの決済は後々登録したクレジットカードで決済をされます。乗船時にクレジットカードの登録がありますので絶対に忘れずにお持ちください。

クレジットカードはVISAが便利です。JCBは船内では使えますが寄港地で利用できない場合があります。。。

旅行好きならお得がいっぱい!年間10回以上旅行する私がエポスカードをおすすめする14の理由

現金の場合は乗船時にデポジットを預ける形になります。

身分証・パスポート

船の中は海外扱いです。乗船前に出国手続きをするのでパスポートは必ず持ってきてください。

有効期限が6ヶ月以上あるものでないと海外の寄港地で入国できない場合があります。

また長期の旅行となるため身分証・保険証は必ず持って乗船してください。

カードホルダー

首からかけておくと忘れないので、必ずカードホルダーを持っていきましょう。

スマートフォン・携帯電話

ダイヤモンドプリンセスでの船旅はとても非日常的で楽しいものです。スマートフォンを忘れずに、たくさん写真を撮ってください。日本国内の港に停泊中であれば通常の通信が可能ですので、友人への連絡や急ぎのお仕事なども可能です。

出航後の通信は高額請求になる場合が多いので十分注意してください。

【高額請求に要注意!】ダイヤモンドプリンセスでのインターネットは?船内Wi-fiや有料インターネットについて

カメラ

スマートフォンや携帯電話とは別にカメラをお持ちの方はぜひ持ってきてください。

船内の素晴らしい設備、友人たちの笑顔、寄港地での記念写真など、カメラが活躍する機会は多いです。

乗船券

当然ながら忘れてはならないのが乗船券。乗船前に確認されますので必ず持ってきてください。

乗船チケットはほとんどの場合旅行代理店から紙の形で発行され、事前に受け取る必要があります。

1泊分の着替え

万が一預入荷物の部屋の到着が遅くなってしまった場合に備えて1泊分の着替えがあると安心です。

遅くとも翌日の昼までには届くのでカジュアルな服ですOKです。下着なども忘れずに。

また、寝間着がないので(バスローブはありました)併せて用意しておきましょう。

1泊分の化粧水乳液

夜と翌朝の2回分以上あると安心です。

1泊分のメイク落とし・洗顔料

1泊分のシャンプー・コンディショナー

預入荷物の到着遅れを見越して、シャンプー・コンディショナーを用意しておきましょう。

客室内やフィットネスエリアのシャワー室にはシャンプーリンスがありますが、正直に言ってクオリティはめちゃくちゃ低いです。

1度使いましたが、洗えば洗うほど髪がゴワゴワになっていったのでオススメしません。

歯ブラシ・歯磨き粉

化粧品

預入荷物の到着の遅れを見越して、化粧品は手荷物に入れておきましょう。

ディナーではドレスアップと行かなくてもそれないに綺麗な格好(スマートカジュアル)をして行きます。お化粧もササッと直せるようにしておきましょう。

モバイルバッテリー

1泊分の生理用品

生理中でなくても1泊分の生理用品は用意しておくに越したことはありません。突然きてしまってもコンビニがないので購入する手立てがなくトイレットペーパーなどで代用することになります。

せっかくの豪華客船の旅で不快な思いをしないために、安心エチケットとしてお持ちください。

クリアファイル

意外と思われるかもしれませんが、クリアファイルがとても役に立ちます。

というのも、初めての乗船の場合記念で色々はパンフレットを残しておきたくなるので、ぐしゃぐしゃにならないようにクリアファイルにしまっておくことが出来るからです。

ちなみに毎晩、翌日のイベントや見どころなどをまとめた情報誌「プリンセスパター」が各客室に届くので忘れずにもらっておきましょう。

預入荷物

日数分の着替え

クルーズ中は有料のコインランドリーやクリーニングが利用できますが、ある程度の着替え数は用意しておいた方が良いです。昼用(リゾートカジュアル)、夜用(スマートカジュアル)、朝用(ウォーキングなどの軽い運動用)など、さまざまなシーンに合わせた服選びが必要となります。


(夜にはこんなイベントも。。フォーマルナイトの一環です。)

日数分の下着

着替えと同じく有料のコインランドリーやクリーニングがありますが、万が一のことを考えて少し多めに持っていくと安心です。

日数分の靴

シーンに合わせた靴選びが重要です。主に、

  • 船内用のサンダル
  • ディナー用のパンプス
  • フィットネス用の運動靴
  • 町歩き用のローヒール
  • フォーマルナイト用のドレスシューズ

などです。

詳しくはコチラ↓↓

ダイヤモンドプリンセスのドレスコードってどんな服装?フォーマル?スマートカジュアル?

洗濯洗剤・洗濯ネット

船内で洗濯(コインランドリーや客室内のシャワーなどで)をする方は洗濯洗剤を持って行きましょう。

また、コインランドリーの場合は下着やストッキングを痛めてしまうので必ず洗濯ネットに入れて洗濯してください。

全てクリーニングに出す場合は不要です。

ドレスとその小物

泊数によって異なりますが、クルーズ中に何度かフォーマルナイトという、ドレスアップをして食事やイベントを楽しむ日があります。

参加は強制ではないですがほぼほとんどの方が参加されています。

せっかくなのでドレスアップをしてクルーズを楽しみましょう。

ドレスは事前に日本で用意しておく必要があります。泊数が長いためレンタルよりも購入のほうが安く済むことが多いですよ。

水着

海の上でプールに入るという贅沢が許される場です。

尚水着に制限はなく、フィットネス用の水着の方もいればリゾート用のビキニの方もいました。

お好きなデザインの水着を着て楽しんでくださいね。

フィットネス用衣類

ジムが併設されているのでランニングや筋力アップ器具があります。

船内にいるとつい食べてばかりになってしまうのでこちらでカロリーを消費しましょう。

また、ヨガレッスンやダンスレッスンがある場合もあります。

部屋干し用角ハンガー

クローゼットはありますが、小物を入れる引き出しのようなものは多くありません。下着などをかけておく、洗濯物を室内で干す時用に角ハンガーがあるととっても便利です。(実体験済み)

100円ショップなどで売っているものであればあと腐れなく帰りに捨ててこれますので帰りの荷物が嵩張る心配もありません。

日数分の化粧水乳液

トラベル用の小さなものであれば、普段使わない気になっていた商品を試すチャンスでもあります。

シャンプー・コンディショナー

必ずご自身の使い慣れたシャンプー・コンディショナーを持って行ってくださいね。

日数分の生理用品

各種充電器

尚、日本の製品はそのまま使えるので変換器は不要です。

ミネラルウォーター

客室内の水を煮沸してお茶を入れましたがそれほど美味しくなかったです・・・。

ティーバッグなどを持っていくと、よりクルーズステイが優雅になりますよ。

ダイアモンドプリンセスでの飲食は? 無料と有料の違い&飲み放題プラン

ワイン・シャンパン

バルコニー付きの部屋ならワイン片手に海を眺めて優雅な時間が過ごせるのでオススメです。(実際にやりました笑。最高でした。)

もちろんバーで有料のアルコールを購入・飲むことも可能です。

海外旅行保険証書


海外旅行の扱いとなるので、万が一を考えて海外旅行保険に入っていましょう。

1週間程度なら3,000円くらいで加入できます。

また、エポスゴールドカードのようにクレジットカードに付帯されているものもありますのでぜひチェックしてください。

旅行好きならお得がいっぱい!年間10回以上旅行する私がエポスカードをおすすめする14の理由

まとめ

以上、ダイヤモンドプリンセス乗船の際の荷物でした。

とにかく色々なものが必要なのがわかりますね。

準備は少し大変ですが、その分充実したクルーズライフを送れるはずです。

ステキな旅になりますように♪

関連リンク

船内の様子はコチラ↓↓

ダイヤモンドプリンセス乗船レポート【6日間ショート】【韓国釜山・三重四日市寄港】

ダイヤモンドプリンセスに安く乗船したいならコチラ↓↓も要チェック!

ダイヤモンドプリンセスに安く乗船する方法は?豪華客船は1泊1万円台から乗船可能!

 

★↓↓この記事が「役に立った」と思ったらポチっとお願いします!!↓↓★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



スポンサードリンク


-旅行・アウトドア
-, , , , ,

Copyright© ColorfulDrop , 2019 All Rights Reserved.