「ラクに生きる」をテーマにしたお悩み解決マガジン

ColorfulDrop

コラム 仕事

まだ都心にこだわるの?神奈川埼玉千葉の就業先が快適すぎるのでオススメしたい理由5つ

投稿日:

横断歩道を渡る人々

毎日満員電車に揺られて都心の会社に通っていませんか?

毎月高い家賃を払って会社の近くに住んでいませんか?

都心の会社はたしかに魅力的です。大企業や勢いのある会社が多く、周辺にもお店が多くてとても便利。

でもよく考えてみてください。それって本当にあなたが望む仕事の形ですか?

本当はもっとストレスを減らして仕事もプライベートも楽しみたくはないですか。

 

都心企業へのこだわりを捨て、地元神奈川の企業へ転職した筆者が、都心以外首都圏の埼玉・千葉・神奈川への転職をオススメする理由を5つまとめました。



通勤が楽

時間的にも混雑的にも通勤は楽になります。

都心一歩手前から劇的に混雑しますよね。神奈川県の東海道線なら川崎駅〜新橋間、埼玉の埼京線なら大宮〜新宿、千葉県の総武線なら錦糸町〜秋葉原などなど。

もしその混雑エリアよりも手前で就業出来たとしたら、不要な混雑に巻き込まれることもなく通勤時間の短縮もできます。

もしも混雑エリア内に住んでいる方でも逆方向になるので混雑とは無縁です。

 

実際に筆者も東海道線ユーザーですが、電車内はもちろん品川駅から山手線の乗り換えの際にホーム上に溢れる人混みに毎日めまいを感じていました。現在は自宅寄りの横浜エリアに転職したので悠々着席して通勤しています。

通勤時間も片道1時間短縮しました。

家賃やホテルが安い、すいている

都心の家賃の高さにいつも驚かされていました。

特に渋谷、新宿、東京など大企業の集まるエリアは敷金礼金は当たり前、家賃は3点ユニットバスの16㎡の1Rで8万円なんてザラです。

会社から手当は出るもの、「会社から何キロ以内」なんていう条件があるとクリアするのが難しく諦めてしまいがちです。

 

また、近年は外国人観光客の増加に伴い宿泊場所の不足が叫ばれています。

飲み会や残業で、もう今日は近くに泊まっちゃおう。と思ってもホテルが空いていなかったり1泊2万円以上したりと融通が利きません。

筆者もホテルどころか漫画喫茶すら入れず一晩都内を徘徊したことがあります。

 

例えば大宮、西船橋、横浜であれば家賃は都心に比べ安く、ホテルや漫画喫茶も充実していて当日探してもあっさりと宿泊できることが多いです。

横浜なら8万円で風呂トイレ別の1K 20㎡の部屋が借りれます。

会社の近くに住むことも容易ですし急な宿泊にも断然便利なのです。

自然が多く毎日がリフレッシュ

桜 新横浜 鶴見川 花見

都心は空がビルに埋め尽くされています。まだまだ高層ビルは建設が続いています。

筆者が田舎育ちということもあってか、ビル群に囲まれた生活はストレスでしかありませんでした。

季節になっても足を伸ばさないと桜が見れない、初夏の爽やかな風は感じられず蒸し暑いビル風。

せっかく四季のある日本に住んでいるのにこれでは人生の半分は損しているようなものです。

 

千葉、埼玉、神奈川ももちろんビル群はあり中心地は都心と様相が変わりません。しかし通勤やオフィスから少し歩いたところに自然があります。

川や海、山が見える景色など。このほんの少しの自然が人間に与える回復力というのは侮れないですよ。

休憩時間や通勤時にリフレッシュすることで、仕事の生産性も上がること間違いなしです。

ランチが安い

ランチは断然安いです。都心の平均ランチは900〜1500円に対し、都心以外の首都圏の平均ランチは600円〜1200円です。

もちろん都心にも安いお店は多いですが、場所が悪かったり、混んでいたり、味が悪かったり。

安いものばかり選んで栄養が偏ることもあります。毎日700円のラーメンで過ごす、とか。これは極論ですが、オシャレで話題のお店が多い都心はどうしてもランチの予算を上げざるを得なくなります。

 

都心以外の首都圏ならランチは基本的に1,000円以下。しかもイベントや観光地でなければ混雑もほとんどありません。

そのかわり「最新のグルメスポット!」というものは少なくなってしまいますが地元ならではの安くて美味しいものを見つける楽しさを感じることができますよ。

便利さは変わらない

神奈川、千葉、埼玉はよほど山の中などの奥地に行かない限りは便利さは都心と変わりません。

コンビニもあちこちにあるし銀行ATMもたくさんあって行列も少ないです。

ランチスポットもそれなりの数あるし飲み屋だってたくさん。

電車やバスの本数も充分あり、夜は駅前に出ればタクシーもすぐに捕まります。

 

都心で働いていたときと何の遜色もなく…むしろ人口密度が下がったので行列が減り快適になりました。

コンビニでパンを買うにも銀行ATMでお金を下ろすにも、ランチを食べるにも並んでいた都心就業時代が嘘かのように、現在の神奈川の職場では空いているスターバックスに立ち寄ったり、ランチも並ぶことなく楽しめ、時間を有効に使えます。最近ではランチ後の軽いお散歩も日課になりました。

まとめ

都心を離れて転職するメリットは

  • 通勤が時間的にも混雑的にも楽
  • 家賃が安い、ホテルがすぐに取れる
  • 自然が多くリフレッシュできる
  • ランチが安い
  • 便利さは変わらない

という5つでした。

 

おかげさまで筆者は渋谷から横浜エリアへ転職しましたが、身体の負担が減り気持ちが穏やかになりました。

仕事にも身が入るし、食事も美味しくて楽しい、家族や友達と過ごす時間も以前よりも楽しく感じています。

ストレスが減るだけでこんなに人生が楽しくなるんですね。

どうしても行きたい企業がある、という方以外は神奈川、埼玉、千葉への就職もぜひ検討してくださいね。

関連記事

ENGLISH JOURNALが想像よりもずっとすごかった!英語学習にオススメな理由6つ

退職したほうがいい人しないほうがいい人6選

★↓↓この記事が「役に立った」と思ったらポチっとお願いします!!↓↓★

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



スポンサードリンク


-コラム, 仕事
-, , ,

Copyright© ColorfulDrop , 2019 All Rights Reserved.