「ラクに生きる」をテーマにしたお悩み解決マガジン

ColorfulDrop

旅行・アウトドア フランス

【フランスワーホリ】26回目:北から中央縦断鉄道旅ヴェネチア編【南仏留学】月曜更新

更新日:

フランスからイタリアへはLCCを使うと片道3000円くらいで行けちゃうんです。

この度ニースからヴェネチアへ飛行機で向かい、そこから鉄道でローマへ向かう弾丸イタリア北〜中央旅をしてきました。

まずはニースからヴェネチア、そしてヴェネチアの風景をご紹介します。

予定工程:ヴェネチア→フィレンツェ→ピサ→ローマ

※この記事は2013年4月〜2014年4月まで南仏ニースにワーキングホリデーで滞在していたときの思い出日記になります。

情報が少し古いのでご注意ください。

前回はニースに来てくれた日本の友人を案内しました↓↓

【フランスワーホリ】25回目:日本から来訪の友人とニース・エズ・モナコ・カンヌ観光♪新たな発見盛沢山!【南仏留学】月曜更新



旅行の準備(LCCチケット、鉄道チケット)

旅行は、行こうと決めた1ヶ月前から計画をしました。

ミラノやナポリに行くことも考えましたが予算オーバー&行程も難しかったので今回は断念。

 

色々思案した結果、北イタリアにあるヴェネチアに飛行機で入り、鉄道で南下して中央イタリアのローマまで、計4都市を巡る旅にしました。

前述してますがヴェネチア→フィレンツェ→ピサ→ローマで回ります。

航空券はイギリスのLCC、easy jetにしました。

ニース→ヴェネチア、ローマ→ニースの航空券が合計€100くらいでした。
easy jet HP(英語)

ヴェネチアからイタリア内の各都市の交通は全て電車。事前にレイルヨーロッパでチケットを予約していました。
レイルヨーロッパ(公式HP)

ホテルもBooking.comで全て事前に予約。知らない土地なので、基本的には鉄道の駅前にホテルを取りました。(ローマとフィレンツェはその選択に少し後悔しました)
Booking.com

言葉の不安があったので出来る限り事前に準備をしていきましたね。印刷が必要なものはニース駅前のネットカフェを使って印刷しました。死ぬほど使いにくかったけど!笑(キーボードの配置が日本と違うので・・・)

ニースからヴェネチアは飛行機。

ニースからヴェネチアはLCCで移動です。easy jetは座席が狭いけど安いので文句はありません。夕方に出発し、1時間半ほどでヴェネチア到着。

20時頃に着いたらあたりは真っ暗。ひとまずホテルを目指します。

ホテルはヴェネチアの観光地からは少し離れているところ。空港からバスで観光地方面へ行き、Venzia-mestre駅から徒歩5分ほど・・・のはずですが見事に迷いました・・・笑。

あまり人通りの多くないところだったのでかなりビビりながら歩いていましたが、ちょうど通りがかった人がフランス人で言葉が少しわかったので(イタリア語、英語よりマシです。)なんとなく方向は教えてもらいまたそちらの方へ歩いていきました。

無事到着。良かった・・・。

ホテルは安かったのにすごく広くてキレイでした!謎にトイレが2つありますが。笑。

wi-fiも完備なので日本の実家に連絡したりしてました。

シャワーを浴びてこの日はゆっくり就寝。

ヴェネチア観光!イタリア人の陽気な空気で現地で国際交流

ヴェネチアの朝はホテルの朝食からスタート。朝食付きのプランだったので朝食会場に行ってみるとなんと食べ放題!朝食会場もカフェのようで可愛いです。

食べ放題はパンの種類がすごく充実していて、ついつい取り過ぎてしまいました。。。周りを見渡してもみんな少ししか取ってない。

日本人特有?の勿体無い精神がちょっと恥ずかしいと思いつつ、どれもすごく美味しかったので満足です笑。

 

ホテルをチェックアウトして、観光地(ヴェネチア駅周辺)方面へ歩きます。

猫ちゃんがお見送りしてくれました。

途中にスーパーマーケットがあったので覗いてみました。パスタの種類がすごい!噂通り笑。

↑これで1メーカー分です。いくつものメーカーが奥に並べられていますので、広い店内の端から端まで棚がパスタで埋め尽くされていました。

チーズやピザなどもすごく美味しそうでした。

ヴェネチア駅付近ではフェスティバル用のマスクがたくさん売っていました。よく見ると街のあちこちで販売しています。お店によってこせいがあったりして見ているだけでも楽しかったです。

観光化してしまっているとはいえゴンドラもすごくステキですね。

街中運河が張り巡っていて、他では見られない景色がとても幻想的でした。

こちらは現地の方ですかね。普通の小型ボードもたくさん走っています。

とにかく橋が多いし、河に阻まれて行きたいところに行けないので歩きのみの場合はかなり体力が必要です。

よく分からないけどすごく陽気なイタリア人に話しかけられました笑。

何言ってるか分からないけど、多分あっちには何があってこっちには何があって、みたいなことを言ってたと思います。ハイテンションで面白かった。

 

天気が悪くて残念でしたが、どこを撮ってもすごく絵になるので流石ですね。街を散歩しているだけでも楽しかったです。

ヨーロッパはこんな感じの看板が沢山あって、どこもすごくこだわりがあって可愛いです。

ヴェネチアの猫ちゃん。だいぶ観光客に甘やかされている様子です。

ヴェネチアの街の中は迷路のようで、いくらツーリストオフィスでもらった地図を見ても自分がどこにいるのか全く分からなかったです。

散策の際は時間に余裕を持って周ることをお勧めします。

お店が沢山あって見ているだけでもかなり楽しいです。

夕方になってようやく少し陽が差してきました。

残念ながら電車の時間が迫っているので、駅の近くのみでパシャリ。

売店で買ったライスコロッケを広場で食べて、電車の時間を待っていました。

 

このとき、マウンテンバイクに乗ったスイス人に声をかけられました。道を教えて欲しいだとかで。残念ながら道は分からないし英語もわからないので、ごめんねーくらいで流していたのですが、なぜかそのまま会話が続いてしまいました。

どうやらスペイン?からスイスへ自転車で帰る旅の途中らしいです。

山越えって大変じゃないの?と聞いたら大変だったよ〜!と、とても良い笑顔で答えてくれました。

多分英語で会話してましたがテンパっててどうやって喋ってたか分かりません笑。

こんな国際交流も楽しいなーという良い思い出になりました。

電車の時間だからもう行くね、スイスまで気をつけて。的なことを言ってスイス人とは別れました。でも楽しかったです。

 

さて次はヴェネチアからフィレンツェに向かいます。

そのレポートはまた次回。

お楽しみに。

関連記事

ニースからサンレモへ。南フランス&イタリア鉄道一人旅をしてきました

【フランスワーホリ】15回:ヘタリアで話題のイタリア自治区セボルガへ電車とバスで行ってみた【南仏留学】月曜更新

★↓↓この記事が「役に立った」と思ったらポチっとお願いします!!↓↓★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



スポンサードリンク


-旅行・アウトドア, フランス
-, , , , ,

Copyright© ColorfulDrop , 2019 All Rights Reserved.