「ラクに生きる」をテーマにしたお悩み解決マガジン

ColorfulDrop

旅行・アウトドア フランス

【フランスワーホリ】28回目:北から中央縦断鉄道旅ピサ編:人生初のB&Bでトラブル勃発?!【南仏留学】月曜更新

投稿日:

フランスニースを飛び出し、イタリアはヴェネチアからローマを鉄道旅で縦断中。

今回は奇跡的な角度で保たれているピサの斜塔があることで有名なイタリア ピサの街を訪れました。

※この記事は2013年4月〜2014年4月に南仏ニースにワーキングホリデーで滞在していたときの思い出しレポートです。

情報が少し古いのでご注意ください。

前回は冷静と情熱のあいだの舞台ともなったイタリアのフィレンツェを巡りました↓↓

【フランスワーホリ】27回目:北から中央縦断鉄道旅フィレンツェ編【南仏留学】月曜更新



ピサではB&Bに宿泊。しかしいきなりトラブル発生

フィレンツェからピサまでは鉄道で1時間ほど。

昼過ぎに着いたのでまだ予約していたB&Bのチェックイン時間よりは早かったのでとりあえず食べ物を探して街をウロウロ。

ちなみにB&BとはBed&Breakfastの略で、寝室と朝食を提供する今で言う民泊のような宿泊方法になります。Booking.comなどでも予約が出来ますよ。

街を歩いているとフランスでもお馴染みのLiDLというスーパーマーケットがあったのでこちらでバジルのフォカッチャとティラミス風のお菓子をゲット。2つで€3くらいです。

それから夕飯用にトマト、リンゴ、ハム、チーズ、紅茶、お酒を買いました。

貧乏旅なので外食は出来ませんが、スーパーで買ったこんな感じの質素なものでもめちゃくちゃ美味しいんだからさすがヨーロッパです。

 

色々買っていたらチェックインの時間になったのでB&Bに向かい、玄関のチャイムを鳴らすも返事がない・・・。

あれ?15時に着くってメールもしてたよね?

チャイムが壊れているのかと思いドアをノックしてみるも反応なし。

入り口に看板も何もないし本当にここかどうかも自信がない・・・。

繋がりそうなwifiは全てパスワードが付いていて利用できない・・・。電話はもちろんフランス用なので使えない・・・。

えっ!!まさか私騙された?!今夜言葉も通じない知らない土地で夜を明かさないといけないの・・・?

一抹の不安が頭をよぎりました。さすがに頭真っ白になりましたよね。

人通りも多くない路地裏なので立ち尽くすことしか出来ず、大きな荷物を抱えて玄関の前で待ちぼうけること30分。

私に気がついてくれた男性が車から降りてきてくれました。

イタリア語で話しかけられましたが「お嬢ちゃん」的なイタリア語くらいしか理解できず、下手な英語で状況を説明。

・予約してたけど誰もいないみたい。
・イタリア語はわからない。

そんな感じのことを話したら、その男性もあまり得意でない英語で「ここのオーナー知り合いだから電話してあげるよ」と言ってサッと電話をしてくれました。

神かよ!!!!

半泣き状態で、電話をする男性を見つめるわたし笑。

少し話した後「あと10分くらいで戻るから待っててってさ。」と言ってくれました。

この男性には死ぬほどお礼言いました。いやほんとめちゃくちゃ心細かったので一安心。

その後15分後にオーナー到着。気のいいおじちゃんでした。

「何時に着くか分かんなかったからさー。メール送った?届いてないよー?」なんて笑いながら部屋に案内してくれました。

いやいや送ったし。と思ってましたがあとでメールボックスを見たらエラーで返ってきてました。←

 

部屋は広くはないけど可愛らしい様相。

シャワーとトイレは共同ですが結局一度も他の宿泊者(多分あと2部屋くらいある)と顔を合わせませんでした。

オーナーは朝食の説明とか部屋の使い方とか英語で説明してくれたけどイタリア訛りが強すぎて全然聞き取れないw

そして私も英語はまともに話せないので、返事で思わずフランス語が出てきてしまったのですが、それを聞いたオーナーが「あれ?フランス語話せるの?そっちのほうが俺も得意だよ」と言ってフランス語に切り替え。こっちの方が断然わかるー!ありがたい!

 

後日談ですがヨーロッパの方々はほんと多言語話者の方多いですね。フランス語、英語、スペイン語、ドイツ語、オランダ語くらいは喋れる方が多かったです。すごいなー。環境かな。

 

B&Bシステムの説明や街の案内を聞いたあと(街の情報もたくさん教えてくれた。いいおっちゃんだった。)、部屋でお昼を食べて街に繰り出します。

街はこじんまりとしていて見所は少ない

ピサの街はこんな感じ。

フィレンツェに似た雰囲気はありますが、もう少し落ち着きのある街という印象でした。

ブティックの並ぶ商店街には、公衆wifiを示すマークが・・・あれ?よく見るとwi-fiじゃなくてWi-Piになってるししかもピサの斜塔シルエットだし!

かわいいー!イタリア人のユーモアが素敵ですね。

 

商店街もとってもお上品でした。もうすこし綺麗な格好してたらゆっくりお買い物やレストランでの食事もしたかったです。

 

そうこうしているうちに遠くにピサの斜塔発見!!

ピサの斜塔はやっぱりすごかった!

B&Bからは徒歩20分ほど。

急に開けためちゃくちゃ広い広場にボンボンボンッと3つの大きな建物が。

ピサの斜塔って、それ一棟だけがバーン!と建っているイメージでしたが、同じ広場にピサの斜塔に負けない存在感の堅牢な建物があるんですね。

写真だと分かりづらいですがほんとに斜め。

しかも上に登れるらしいです。人数制限はあるらしいですが。

お金かかりそうだったので登りませんでしたが、たしかによく見ると最上階に人影がちょこちょこ見えます。

倒れそう・・・。

そしてやっぱりみなさんやりますよね。遠近法で支えてみたり、吹き飛ばしてみたりする写真、撮りますよね。

そんなみなさんを写真に収めるのが楽しかったです笑。

同じ広場にあるこの建物も圧倒的!

デカすぎる!結局なんの建物なのかはよく分かりませんでした。だって映画の説明読んでも分かんないし(^^;

こちらのドゥオモは多分教会。ですが何故か勇気が出なくて中には入りませんでした。

中入って入場料いくらですよって言われるのが怖かったんです。。。

他にも街には学校のような建物や日本でもお馴染みのマックカフェもあり・・・。

2時間ほどで見終わってしまいました。

もともとピサにはそれほど時間を取ってなかったけどあっという間に満足。

もっとちゃんと調べてくれば良かったです。ピサの斜塔さえ見れればいいや!なんて思ったらあっさり見終わってしまいました。笑。

 

B&Bに戻り、シャワーを浴びたらスーパーで買ってた惣菜とお酒で1人乾杯。

ハムがめちゃくちゃ美味しくて感動しました。

再び鉄道に乗ってローマへ。

翌朝はB&Bでもらったコーヒーチケットを持って目の前のカフェへ。

B&Bっててっきり家の中で食事をいただけるものだと思ってましたが、こういうスタイルもあるんですね。

イタリアのバールでパンとコーヒーを選びます。

パンはチョコクロワッサン、コーヒーはカフェラテ。チョコクロワッサンはフランスのチョコクロワッサンとまた違って、ふわふわで美味しかったです。コーヒーはイタリア風で味が強め。朝にピッタリです。

B&Bで身支度を済ませ、8:30にチェックアウト。

次の電車は9:00出発。

いよいよ最後の目的地、ローマに向かいます。

次回もお楽しみに!

関連記事

【フランスワーホリ】26回目:北から中央縦断鉄道旅ヴェネチア編【南仏留学】月曜更新

【南仏ホテル】南フランス、ニースのhotel universに泊まった感想!立地&接客は最高!【口コミ】【シングル4泊】

★↓↓この記事が「役に立った」と思ったらポチっとお願いします!!↓↓★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



スポンサードリンク


-旅行・アウトドア, フランス
-, , , , ,

Copyright© ColorfulDrop , 2019 All Rights Reserved.