「ラクに生きる」をテーマにしたお悩み解決マガジン

ColorfulDrop

旅行・アウトドア フランス

フランスに行くなら現金はいくら持っていく?実際に5日間滞在して100ユーロも使わなかった事実と内訳

更新日:

こんにちは。

先日南フランスのニースに旅行で行ってまいりました。

フランスに行くのはじつに4年ぶりとなった今回。すっかり現地の物価事情なども忘れて現金をいくら持っていくのか悩みましたが、結局のところ100€で足りました。

その内訳などを紹介していきます。

これからフランスへ旅行される方への参考になれば幸いです。

広告


なぜ100ユーロで済んだのか?

100ユーロといえば日本円で約13,600円。(11/10時点。)

銀行などで現金パックが販売されているので(三菱東京UFJでは自販機がありました)1パック分です。

5日間も滞在するのにたった1万円ちょっとではすこし心もとない気もしますが、スリの多いフランス。大金を現金で持つのは避けたいところです。

冒頭にも書いた通り、私は今回の旅で現金は100ユーロだけ持って行って少し余るくらいでした。

なぜそんなに現金を使わなかったかというと

  • フランスはクレジットカード大国でほとんどのお店でクレジットカードでの支払いが可能
  • 2度目のフランス、ニースの滞在となるためあちこちのお店を食べ歩くことがなかった
  • 現地に住んでる友人がおごってくれた

などがあります。

 

とにかくフランスはクレジットカード大国。クレジットカードで払えないお店はほとんどありません。

そのため現金の使いどころといえばバス代や少額のものを少しだけ買うとか(例えばパン屋でクロワッサン1個を買うとか)、レストランやホテルでチップを払うくらいしか現金を使うチャンスがなかったのです。

 

また、以前10か月ほどニースに住んでいたことがあるので行きたいお店の目星がついており、必要以上に贅沢をしなかったことも現金を使わなかった理由になります。

更に、現地の友達と会ってごはんに行ったときに、歓迎の印に食事やバーでの飲み物をおごってくれたこともありました。まあこちらは自分で払うとしてもクレジットカードを使えば現金の心配はないと思います。

滞在中費用の内訳

それでは実際に現地で利用したお金の内訳をお見せします。

★がついているものが現金です。その他はクレジットカードで支払っています。

【到着日】

・空港から市街地までのバス 6ユーロ

・ホテルタックス 5.5ユーロ

★ランチ(パン屋で購入して公園で食べる) 1.80ユーロ

・夕飯(スーパーで購入してホテルで食べる) 7.50ユーロ

・お土産 24ユーロ[クレジットカード]

―――――――――――――――

1日目現金合計1.80ユーロ

【2日目】

・ニースからサンレモまでの往復電車代 21.20ユーロ

・サンレモでのランチ(レストラン)15.50ユーロ

★レストランでのチップ 1ユーロ

★サンレモでのお土産 3ユーロ

★夕飯(レストラン) 30ユーロ

★レストランでのチップ 1ユーロ

―――――――――――――――

2日目現金合計35ユーロ

【3日目】

★ニースからサンポールまでのバス代往復 3ユーロ

★サンポールの売店でアイス 3ユーロ

★ランチ(レストラン) 16.50ユーロ

★レストランでのチップ 2ユーロ

・自分へのお土産(DVD) 30ユーロ

★ホテルルームクリーニングチップ 2ユーロ

・お土産 21ユーロ

・夕飯(スーパーで購入してホテルで食べる) 6ユーロ

――――――――――――――――

3日目現金合計26.50ユーロ

【4日目】

★カフェでコーヒー 1.5ユーロ

・夕飯(マクドナルド) 6ユーロ

――――――――――――――――

4日目現金合計1.5ユーロ

【5日目】

・お土産 45ユーロ

★お土産パン屋 6.80ユーロ

★ホテルルームクリーニングチップ 2ユーロ

・空港までのバス 6ユーロ

★空港カフェ 6ユーロ

――――――――――――――――

5日目現金計14.80ユーロ

 

以上です。

見ての通り、5日間の滞在で現金79.60ユーロしか現金を使いませんでした。

結構スーパーで買って食べちゃったりしてるせいもあるのですが・・・(^-^;

外食は結構お金がかかりますからね。

日本のコンビニのようにあたたかい食品が買えないのが難点ですが、ニースであればジャンメドゥサン通りのモノプリがお惣菜が多くて楽しいですよ。

まとめ

フランスは日本以上のクレジットカード大国です。

またスリも多いので下手に現金を大量に持ち歩くよりはクレジットカードで買い物をすることを前提に歩いたほうがいいようにも思います。

チップやバスの運賃を除いて、現金を使うチャンスが少ないのでそれほどたくさんの両替は不要です。

実際にところどころ、今回の滞在では無理やり現金を使った場面もありました。笑
なんなら現金は30ユーロくらいしかなくてもなんとかなりそうな気がする。。。

ちなみにクレジットカードで支払いた場合はレジやレストランでの支払いのタイミングでクレジットカードをちらつかせ「par carte(パール カルト)」と言うとカード決済機へ案内してくれます。

ぜひ試してみてくださいね♪

 

貴方の参考になればうれしいです。

それでは。

 

★↓↓応援ポチお願いします!!↓↓★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



スポンサードリンク


-旅行・アウトドア, フランス
-, , , ,

Copyright© ColorfulDrop , 2019 All Rights Reserved.