「ラクに生きる」をテーマにしたお悩み解決マガジン

ColorfulDrop

旅行・アウトドア フランス

【フランスワーホリ】第90回:パリの街をお散歩♪行き先を決めずにフラフラお散歩。建物の装飾に感動!

投稿日:

フランス パリ

フランスワーホリ記、第90回はパリのお散歩の様子をお届け。

ちょっと短めです。

パリの道路は歩道が多く歩きやすいです。どこを見ても素敵な建物ばかり、昼間は治安も良くてお散歩もとても楽しいです。

南仏ニースからパリに引っ越してきてまだ1ヵ月、ずっとパリディズニーばかり行っていましたが、最後はパリを漫喫することにしました。まだまだパリは詳しくないのでこの機にパリの裏道など長期滞在者ならでは視点でレポートしていきたいと思います。

※この記事は2013年4月から2014年4月までの1年間、南仏ニースと首都パリにワーキングホリデーで滞在していた頃の思い出し日記です。情報が古いのでご注意ください。

 

前回はディズニースタジオからラストレポートをお送りしました↓↓

【フランスワーホリ】第89回:パリディズニーもついにラスト!ディズニースタジオから最後のパレード。なんとサプライズグリーティングも!

サンマルタン運河沿いに南下

筆者が住んでいたパリのおうちは東駅の近くだったのでサンマルタン運河も近かったんです。

サンマルタン運河は映画アメリでも出てきた日本人にもお馴染みの風景ですね。

アメリめぐりの記事はコチラ↓↓

【フランスワーホリ】第75回:映画好き必見!パリでアメリ巡り【フランス留学】月曜更新

サンマルタン運河はお気に入りのお散歩スポットでして、この日はサンマルタン運河沿いに南下していくことに決めました。

フランス パリ サンマルタン運河
(別日の写真)

 

サンマルタン運河を南下していくとセーヌ川にぶつかります。

セーヌ川を越える橋はこの景色。うーん美しい。

フランス パリ

遠くにエッフェル塔も見えます。

写真には写っていませんが、先日不運にも火災に合ってしまったノートルダム大聖堂もこの近くです。

 

渡ってすぐにある建物のこの時計。細工も細かくとっても芸術的。

フランス パリ フランス パリ

なんの建物なのかはよくわからなかったのですが、ここは通るたびにこの時計を見上げてしまいました。

教会

教会の名前は分かりませんがゴシック建築の美しい教会。

フランス パリ

ノートルダム大聖堂に似てるけど多分ノートルダム大聖堂ではなかったはず…。

 

こちらの教会は中にも入れたのでおじゃまさせてもらいました。

フランス パリ フランス パリ

シンプルかつ重厚感のある内装。

漂う静けさに神の存在を感じられそうです。

区役所?

こちらの建物も何かわからずすみません。。。区役所とかそういう市民のための施設だったような気がします。

フランス パリ

パリの建物は100年以上経っている建物ばかりなのでいずれも重厚感があります。

そのうえで古臭く見えないのがすごい。ザ・パリという感じのデザインと建物の並びなので建物好きにはたまらない街です。

どこを向いてもついシャッターを切ってしまいます。

ラデュレ本店

日本でも大人気のマカロン・パリジャンを生んだラデュレ(Ladurée)の本店がパリ8区にあります。

観光名所の多い1区も近いのでアクセスもしやすいですよ。

とても脆いお菓子なのでお土産には向きませんが(日本でも買えますし。)、とにかくお店が可愛い!!

フランス パリ フランス パリ

エメラルドグリーンの鮮やかなイメージカラーにパステルカラーのマカロンとその装飾がとっても似合います。

自分用に購入してホテルや広場で食べるのもオススメですよ♪

コンコルド広場

遠くに見えるのはシャンゼリゼ通りの起点となるコンコルド広場。

フランス パリ

真ん中にはクレオパトラの針という名の石塔が建っています。本当に刺さりそうな鋭さ・・・。

クレオパトラの針を囲むように建つエメラルドグリーンの塔にはこちらも芸術的な装飾が。

フランス パリ

船と獅子でしょうか。豪華な装飾が色々な意味でまぶしいです。

プティパレ

こちらはプティパレ。(グランパレだったかも?)

フランス パリ

また後日ゆっくり来ます。

ディズニーショップ

シャンゼリゼ通りにはディズニーショップがあります。

フランス パリ

ディズニー好きにはたまらない広さと品ぞろえと装飾!

ぜひ一度は一立ち寄ってみてください♪

フランス パリ

↓↓コチラの記事でもディズニーショップを訪れています。↓↓

【フランスワーホリ】第73回:パリの魅力満喫中!エッフェル塔とディズニーストア♡【フランス留学】月曜更新

この装飾はどこだ・・・?

リアルにどこの装飾かまったく記憶にないものですが感動した素晴らしい建物の装飾。

フランス パリ

中央に凛々しい戦士の顔、その両脇には悲劇と喜劇の表情が並んでいます。

この写真1枚からも様々な物語が浮かびそうな装飾でした。これを何百年前も前にデザインして作っているんだからすごいものです。ほんとに。

ため息が出るほど素晴らしい装飾でした。

まとめ

パリ 凱旋門

写真を見ながら書き出してみたところ、見事に建物の装飾好きが前面に出てしまったレポ―トになってしまいました(笑)

とはいえ一般的に見ても本当に美しいので(筆者も専門知識があるわけではないです)きっとパリの街並みの美しさは楽しめると思います。

建物の装飾やお店の飾りを眺めながらのパリ散歩。観光地巡りに疲れたら気ままにプラッと歩いて見るのもオススメですよ。

 

次回は引き続きパリ散歩。近場のマルシェや世界一おいしいといわれるカヌレのお店にも行ってきました。お楽しみに!

関連記事

【フランスワーホリ】第72回:今日からパリ生活開始!大迫力の観光名所たちに思いのほか観光満喫・・・!【フランス留学】月曜更新

【フランス語】オンライン仏会話レッスン「ル フランセシック(Le Francais Chic)」を受けてみました。気軽にできる仏会話レッスン!

★↓↓この記事が「役に立った」と思ったらポチっとお願いします!!↓↓★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



スポンサードリンク


-旅行・アウトドア, フランス
-, , , , , , ,

Copyright© ColorfulDrop , 2020 All Rights Reserved.