「ラクに生きる」をテーマにしたお悩み解決マガジン

ColorfulDrop

フランス

【フランスワーホリ】25回目:日本から来訪の友人とニース・エズ・モナコ・カンヌ観光♪新たな発見盛沢山!【南仏留学】月曜更新

投稿日:

ニースにお住いの方。もしも日本から友人が遊びに来たらどこを紹介しますか?

今回はそんな視点から4日程度の日程で友人に南仏の魅力を伝えられるコースをご紹介します。

ちょうど友人が訪ねてきてくれたので、オススメスポットをギュッと絞って案内してきました。

※この記事は2013年4月から1年間、南仏ニースにワーキングホリデーで留学していた頃の思い出日記です。情報が少し古いのでご注意ください。



ニース旧市街&コリンヌ城&ジャンメドゥサン通り

まず紹介したいのはやっぱりニースの旧市街。規模も大きいし人もたくさんいて華やかですよね。

実際に初日に連れて行ったら友人も興奮気味でした。

旧市街ではニース名物のソッカ(ひよこ豆のクレープ)とパンバニャ(ニース風サンドイッチ)を食べてブラブラ散歩&買い物を楽しみました。

そのあとは定番コースのChateau du Colliene(コリンヌ城跡)へ。

こちらは「ザ・ニース!」という写真には必ず使われている景色が見られますので外せません。エレベーターがよく止まっているのが残念で、その場合は階段や坂道を登る必要がありますが、頂上からの絶景は見逃せません。

夕方には中心地マセナ広場からニース駅へ伸びるジャンメドゥサン通りをお散歩。ギャラリーラファイエットやニースエトワールといったショッピングセンターやMONOPRIX(モノプリ)といった大手スーパーもあるので女性はお買い物がかなり楽しめます。

友人は筆者の家に泊まることになっていたのでここのMONOPRIXで食材を買って夕飯にしました。

キッチン付きのホテルを借りてる方にもオススメです。

自宅はネグレスコという超有名ホテルの少し先なのでそのまま飲食店が並ぶRue de Franceを眺めながら帰宅しました。

エズ&モナコ

2日目はバスに乗ってエズ&モナコへ。

この2カ所はよほどこだわりがなければそれぞれ半日で回れるので同日に組んでしまったほうが懸命です。方向も同じです。

Place Galimardi(ガリマルディ広場)から出ているバスに無理やり乗り込み、

※並ぶ文化がないので必ずここは戦いになります笑。

まずはエズ!エズ村の坂道を抜けて頂上の熱帯庭園。有料ですが絶景が観れるので必見です。

この日も天気が良くて良かった。友人も存分に地中海の風を味わってました。

前回エズを訪れた記事はコチラ↓↓詳しいアクセスも掲載しています。

【フランスワーホリ】8回:鷲ノ巣村エズは絶対行くべき!アクセス&見どころ【南仏留学記】月曜連載

午前中でエズの観光を終えた私たちは再びバスに乗ってモナコへ。

モンテカルロという有名なカジノからスタート。中には入りませんでしたが、パッと観た感じカジノっぽく見えないあたりがさすがモナコ。

ジャズフェスティバルもやるみたいでポスターが掲げられていました。大好きなマーカス・ミラーが出演するようですが終わるのが深夜ということで泣く泣く諦めました・・・。さすがにモナコの宿泊は金額が高そうだしかといって日本みたいに24時間のファミレスなどがあるわけではないので。。。

余談ですがニースで朝まで外で遊んだのはたった2回だけです。その話はまた後日・・・笑。

 

モンテカルロ前の不思議なオブジェからもセレブ感が漂います。

カジノの前で車をバックにポーズを付けて写真を撮ってる女性がいました。モデルみたい〜!絵になるなぁなんて思ってたのにどうやら持ち主ではなかったようです。友人と爆笑しました。

モナコの街中をブラブラ歩いてたどり着いたのはモナコ大聖堂。カッコいいです。

この中には元女優にしてモナコ公妃であったグレース・ケリーも眠っています。歴代の王と王妃のお墓があるんですね。

(こちらはグレースケリーではないですが、こんな感じでお墓があります。)

聖堂内はとても荘厳で、少し近代的で、不思議な雰囲気に満ちていました。

旧市街を抜けると現モナコ国王の王室が見えます。

運良く衛兵交代が見れましたがほんっとうにショボかったです。笑。いや、イギリスのバッキンガム宮殿みたいなのを想像して行ったらダメですね。多分、モナコみたいなのが割と一般的なんだと思います。

あまり期待せずに行ってください。

王室の周りには大砲のレプリカや眺めの良い展望スペースがあるのでこちらもぜひ。

モナコ水族館についてはコチラ↓↓の記事で詳しく紹介しています。

【フランスワーホリ】7回:バスでモナコ公国&モナコ水族館に行ってみた【南仏留学記】月曜連載

この日の夜はニースのレストランへ。

知人の紹介のお店でしたので味も雰囲気も抜群でした。1人40€ほどのちょっと高級ディナー。

カンヌ

3日目は電車でカンヌへ!さすがに前日のバス移動で疲れたのか、電車で行こうということになりました。旅行となるとギュッとスケジュールが詰まって疲れやすくなるので、多少お金がかかっても交通で楽をするのは大切ですね。電車だとほんとあっという間で楽チンでした。

カンヌでは旧市街でランチをしたりお買い物をしたり、カンヌ国際映画祭の会場を訪れたり、クロワゼット通りで海岸景色を楽しんだりしました。

最近訪れたばっかりだったので写真少なめですが・・・。

カンヌの詳しい観光レポートはコチラ↓↓も参考にしてください。もっと写真がいっぱいあります。笑。

【フランスワーホリ】24回目:映画の街カンヌでリゾート気分を大満喫♡【南仏留学】月曜更新

ニースの友人たちとの交流

観光最終日はニースの友人たちと交流会です。

運良く筆者が通っていた語学学校の先生が主催するパーティがあったので、友人と一緒に参加しました。

みんなでケーキや食事を持ち寄ったのですが、さすがフランス人は美味しいものを知り尽くしている!作ったものも買ったものもとってもとっても美味しかったです。

ここでカルフールのトロペジェンヌに出会いましたがあまりに美味しくてすっかり虜になりました♡

思いがけずフランス人たちとの交流が出来たので友人も喜んでくれたようです。

 

翌日友人は満足してくれたようでたくさんお土産を買って飛行機に乗り込んでいきました。

日本からのお土産もたくさん買ってきてもらえて助かりました。

中濃ソースとかホットケーキミックスとか本当に嬉しかったです。

まとめ

観光できる日が4日間であれば上記コースがオススメです。

リピーターにはサンポールドヴァンスやヴァンチミリア、マントンもオススメです。

あとは鉄道好きならプロヴァンス鉄道なんかも良いです。

時間があればコルシカ島とかも・・・。こうして挙げていくと魅力がたくさんある南フランス。

ぜひワーキングホリデーで長期滞在することをオススメしますよ!

 

次回はイタリア一人旅の様子をレポートします。

初日のニース〜ヴェネチアをご紹介。

お楽しみに!

 

★↓↓この記事が「役に立った」と思ったらポチっとお願いします!!↓↓★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



スポンサードリンク


-フランス
-, , , , ,

Copyright© ColorfulDrop , 2019 All Rights Reserved.