「ラクに生きる」をテーマにしたお悩み解決マガジン

ColorfulDrop

フランス

【フランスワーホリ】21回目:香水の都グラースを巡る。ニースからバスで約200円【南仏留学】月曜更新

更新日:

南仏ニースの留学レポートです。今週は香水の都グラース(Grasse)を訪れました。

ニースからバスで1時間、€1.5(約200円)で行けるステキな街です。ぜひ旅行やお散歩の参考にしてください。

※この記事は2013年4月〜1年間南仏ニースにワーキングホリデーで滞在していた時の思い出レポートになります。情報が少し古いのでご注意ください。



前回はフランスでの音楽活動についてレポートしました。↓↓

【フランスワーホリ】20回目:音楽の日で運命の出会い。バンド仲間が出来ました【南仏留学】月曜更新

グラースへのアクセス

グラース(Grasse)はニースから北西に進んだあたりにある標高の高い街です。

地図で言うとこのあたり。↓↓

映画祭で有名なカンヌの斜め上あたりになります。

ニースからはバスで1時間、€1.5(約200円)で行けます。ニース中心地Albert 1erのバスロータリーからグラース行のバスが出ているのでそれに乗っていけば到着します。

フランスで知り合った友人が住んでおり、「きれいな街だからぜひ来て!」というお誘いをいただいて単身バスに揺られて向かってみました。

グラースには何があるの?

グラースは「香水の都」と、友人に聞きました。フラゴナールの香水工場をはじめとした香水関連企業がたくさん集まっている街なんだそうです。香水の都とあって、香水工場や香水博物館、それらの原料となる美しい花々が咲き乱れる花畑、買い物も楽しい旧市街などがあるとのこと。

昔はなめし革製品の産業も盛んだったらしいです。

完全に観光地となっているニースとはまた違い、産業の街として発展しているグラース。楽しみです。

グラースの街並み

ニースからバスに揺られて1時間ちょっと。

車窓が海から山へ変わっていきます。

終点で降りると旧市街はどこ??というような坂道で降ろされます。笑。周りに街なんて一つもないけど?!と思いつつ、人の流れる方向へ歩いて行くとなんとか街に出れました。5分か10分も歩いていないのですが景色が一変しますね。

ポストカードみたいな猫ちゃんに迎えられて(フランスの猫はみんなシャキッとしていますね。)グラースの街並みイン!

旧市街の感じはニースに似ています。人通りが少ない分上品に感じられて、落ち着きがあって良いですね。

ニースの賑やかな感じも好きですが。

フリュイドゥコンフィ(フルーツのコンフィチュール)も宝石みたいで可愛いです♪

広い広場には噴水があったり、

早速香水屋さんを見つけたり、

観光列車が走っていたり、

またまた猫ちゃんに出会ったり・・・してる間に旧市街の突き当たりのフラゴナールの香水工場に着きました。

こちらで友人が働いているのでお土産を見ながら友人を待ちます。

友人(日本語喋れる)に案内されながら工場見学。フラゴナールの香水工場はエズでも見学しましたが、あのときは訳あって英語での案内だったので改めて日本語とフランス語で説明してもらえて十分に理解することができました。

こちら↓は香水の研究室。自分好みの香水作り体験もやっているそうです。

フラゴナールの香水工場はパッケージのデザインも可愛いんですよね。つい欲しくなっちゃう。

最後に友人と写真を撮って、友人はまだ仕事があるのでここでお別れです。

 

フラゴナールの香水工場周辺は視界の開けた広場になっており、フランスの公園定番の小さなメリーゴーランドもあります。

デザインはこれでいいのか・・・?

山の一部を切り開いた街のようで、景色はめちゃくちゃ良いです。天気も良くて最高。

遠くに海も見えます。

フラゴナールの銅像?もありました。

これは香水売りかな?なめし革職人かな?

再び街を散策しているとまた別の猫ちゃんに案内されるように謎の建造物と教会を発見。

教会の中は堅牢な作りで、薄暗いけれどもどこか厳かな雰囲気が流れていました。

マリア様の彫刻など美しいものが多くありましたが、その中でも目を引いたキリストの絵画は近づいて見てみると日本でも有名な画家、ルーベンスの作品でした。さすがの気迫です。

入り口からは想像できない立派で広い作りの教会に、思わずシャッターが止まりませんでした。

教会の横を抜けると絶景が待っていました。

赤い屋根の旧市街が溢れる深緑に映えてとっても美しいです。

最後にカフェで一息ついてグラースの旅は終了。

本当に素敵な街でした。

あちこちでふぅわりと香る香水の匂いがとても心地良かったです。

グラース名物フーガス

ちなみに。グラースの友人にオススメされた、グラースの名物フーガス。大きなパンです。フォカッチャに近いのかな?

「グラースに来たら絶対食べていって!」とのことだったので、旧市街のパン屋さんで買ってみました。

帰りのバスを待つ間にパクリ。

ん!!!????なんか、香水の匂いがする!!!???

あまりの衝撃にむせました笑。パンはすごく美味しいんですけどね、フラワーな香りはちょっと・・・w

あとで知りましたがフーガス自体はオリーブなどを混ぜた平たく穴の空いているパンで、私が買ったフーガスはグラース仕様になっていたようです。

うーん、なかなかの衝撃。ある意味貴重な体験・・・?楽しいグラースの思い出になりました。

帰りも猫ちゃんに見送られてバスに揺られてニースへ。グラース楽しかったです。

まとめ

ニース近郊には素晴らしい街が多いですね。今回行ったグラースも本当に素敵で良いお散歩になりました。フランスに来るまではパリ、リヨンなどの有名な大都市くらいしか知らなかったのですが、こうして色々な情報から新しいフランスの魅力が知れて本当に幸せです。

みなさんもニースにご旅行の際にはぜひグラースにも訪れてみてくださいね。

香水味のフーガスもぜひ!笑。

 

次回はついに!!念願のパリのディズニーランドへ!!!

長くなりそうなのでまずは到着した日のレポートをしますね。お財布の都合で夜にパリに着く飛行機を取ってしまい、あまりの怖さに全力で後悔した話です。笑。

お楽しみに!

関連記事

【フランスワーホリ】8回:鷲ノ巣村エズは絶対行くべき!アクセス&見どころ【南仏留学記】月曜連載

ニースからわずか200円で行ける素敵な観光スポット。シャガールが愛したサンポールドヴァンスへ。

★↓↓この記事が「役に立った」と思ったらポチっとお願いします!!↓↓★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



スポンサードリンク


-フランス
-, , , , , , , , ,

Copyright© ColorfulDrop , 2019 All Rights Reserved.